総量規制対象外のカードローンがある?

カードローンはすべて総量規制対象というわけではありません。
銀行のローンはすべてが総量規制対象外であり、カードローンやキャッシングも含まれています。
総量規制対象となるのは、ノンバンクの融資に限られるのです。
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などのローンに関しては、原則として総量規制対象となります。
ただし、おまとめ専用・ビジネス融資などの目的融資に関しては、総量規制対象外になるのです。

ローン全体として見ると、ほとんどは総量規制対象外となっています。
総量規制対象となるのは、ノンバンクの多目的ローンに限定しています。
そのためローンを一本化するような状況では、総量規制対象外の銀行ローンが役立つわけです。
高額の借入ができる可能性が高いですし、金利も低く抑えられています。

カードローンを安全に利用するためには、ローンの性質をよく知っておく必要があります。
どれも同じと考えずに、細かいポイントも比較しておきましょう。
例えば銀行系のローンは、銀行ローンだと考えている方が非常に多いですが、実際にはそうではありません。
貸金業法の適用となりますし、総量規制の対象にもなるのです。
なぜ銀行系ローンがノンバンクに属するかというと、銀行と提携しているだけだからです。
運営元は消費者金融のため、正真正銘のノンバンクとなっています。
銀行系カードローンで総量規制対象外になるローンがあるとすれば、おまとめ専用・ビジネスローンなどに限られます。

Aragon